宮廷女官チャングムの誓い : A Jewel In The palace  下巻 (医術の心)

ユミンジュ 著 ; 秋那 訳

師ハン尚宮と無念の別れ、そして宮廷から追放されるチャングム。だが、医療という新たな道を志し、刑期を終えて村に戻ると、持ち前の聡明さと食物の知識によって医科試験に合格し、その優秀な成績によって、再び宮中へと居を構えることになった。三年ぶりの宮廷に胸躍らせるチャングムだったが、直後、医女の地位の低さを身をもって感じる事態に遭遇する。厳しい状況下ながらも、医師としての志を持って友と切磋琢磨し、内医院で頭角を表してきたある日、チャングムは王の側室の一人を看るように仰せつかる。死産を経験し肥立ちの悪い側室その人とは、かつての好敵手クミョンだった。最愛の師を葬った一人を前にチャングムは怒りに震え、彼女の才能とジョンホとの仲に嫉妬しつづけてきたクミョンは嫌悪の念を露にする。相容れない二人だったが、クミョンの容態が急変。一刻を争う事態に、チャングムは本来医女には許されていない鍼を手にするのだった…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮廷女官チャングムの誓い : A Jewel In The palace
著作者等 ユ ミンジュ
秋 那
書名ヨミ キュウテイ ニョカン チャングム ノ チカイ : ア ジュエル イン ザ パレス
シリーズ名 竹書房文庫 ゆ1-3
巻冊次 下巻 (医術の心)
出版元 竹書房
刊行年月 2012.8
ページ数 330p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-9061-7
全国書誌番号
22139266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想