宮廷女官チャングムの誓い : A Jewel In The palace  中巻 (女官への道)

ユミンジュ 著 ; 秋那 訳

王の女として一生を捧げることを誓ったにもかかわらず、一命を救ってくれた恩人の内禁衛ジョンホに淡い恋心を寄せるチャングム。聡明で誇り高いチャングムに好意を隠しきれないジョンホ。二人の様子に砂を噛むように見つめるクミョン。複雑な想いをそれぞれが抱える中、宮廷内の水刺間ではまた大きな問題が起こっていた。王子が食あたりを起こして病床についてしまったのだ。食材の納入元でチャングムの育ての親であるトックに矛先が向けられたことを知ったチャングムは、彼の無実を信じ、王子の病の原因が別にあることを突き止めようと、自身の体をもって究明するのだった。その甲斐あって、トックへの疑念は晴れ、無事釈放されたものの、原因探求の後遺症でチャングムは味覚を麻痺させてしまう。だがそんな折、料理の御前対決が催されることになるのだった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮廷女官チャングムの誓い : A Jewel In The palace
著作者等 ユ ミンジュ
秋 那
書名ヨミ キュウテイ ニョカン チャングム ノ チカイ : ア ジュエル イン ザ パレス
シリーズ名 竹書房文庫 ゆ1-2
巻冊次 中巻 (女官への道)
出版元 竹書房
刊行年月 2012.8
ページ数 333p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-9060-0
全国書誌番号
22139265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想