宮廷女官チャングムの誓い : A Jewel In The palace  上巻 (母の教え)

ユミンジュ 著 ; 秋那 訳

時は16世紀初頭-燕山君(ヨンサングン)が国土を治め、宮廷内では権力争いによる涅槃や暗躍が錯誤する時代。そんな"恨"の波に呑まれてしまった男女がいた。武官のチャンスは王子の実母殺害に巻き込まれ宮廷を脱する最中、一人の女性と出会う。息絶え絶えの彼女は、水刺間の女官ミョンイ。彼女もまた王毒殺の現場を目撃して殺害されかけたのだった。いつしか生活を共にするようになった二人は、やがて夫婦となり、女の子を授かり、長今(チャングム)と名付けた。追手におびえながらも幸せな生活を送っていた三人だったが、ついに父は投獄され、母は追手から逃れる最中にチャングムの目前で絶命してしまう。母が死に際に残した「最高尚宮になる」という夢を追って、幼いチャングムはその知性と聡明さを駆使し、両親の形見である三作ノリゲを手に宮中へと歩を進めるのだった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮廷女官チャングムの誓い : A Jewel In The palace
著作者等 ユ ミンジュ
秋 那
書名ヨミ キュウテイ ニョカン チャングム ノ チカイ : ア ジュエル イン ザ パレス
書名別名 Kyutei nyokan changumu no chikai
シリーズ名 竹書房文庫 ゆ1-1
巻冊次 上巻 (母の教え)
出版元 竹書房
刊行年月 2012.8
ページ数 353p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-9059-4
全国書誌番号
22139263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想