夢のまた夢  2

津本陽 著

仇敵・光秀を自ら討ち果たした秀吉は、余勢を駆って織田家の後継を決める清洲会議でも主導権を握った。だが、なかば強引に信忠の遺児・三法師を後継にしたため、宿老・柴田勝家に疎まれ、やがて賎ヶ岳で干戈を交える。この決戦に大勝した秀吉は天下人への野心を露わにし、宿敵の追い落としを始める。次なる的は家康-。風雲急を告げる第二巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢のまた夢
著作者等 津本 陽
書名ヨミ ユメ ノ マタ ユメ
書名別名 Yume no mata yume
シリーズ名 幻冬舎時代小説文庫 つ-2-29
巻冊次 2
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.8
ページ数 486p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-344-41912-4
NCID BB17212740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22199318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想