もしもし下北沢

よしもとばなな 著

父を喪い一年後、よしえは下北沢に引っ越し、ビストロ修業に励んでいた。父の匂いはもうかげないし、言いたかった言葉は届かない。泣いても叫んでも時は進んでいく。だが、母が淹れる濃くて熱々のコーヒーにほっとし、父の友人の言葉で体と心がゆるむ瞬間も、確かにある-。殺伐とした日々の深い癒しと救済を描いた、愛に溢れる傑作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もしもし下北沢
著作者等 吉本 ばなな
よしもと ばなな
書名ヨミ モシモシ シモキタザワ
シリーズ名 幻冬舎文庫 よ-2-20
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.8
ページ数 291p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-344-41909-4
NCID BB10726921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22199250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想