死刑と精神医療

高岡健, 中島直 編

裁判員裁判が死刑判決にかかわるようになり、自己の生命をもって償うべき死刑という刑罰の是非をめぐる論議が高まっている。精神障害者や18歳以上の少年の死刑適応能力(理解基準、援助基準、準備基準)、再審請求能力は、死刑囚の接見交通権が極端に制限され、実情は闇のなかである。死刑廃止論が先進国の趨勢になりつつある一方、被害者・遺族の応報感情や国民意識に依拠した死刑存置論は、社会秩序の安寧維持のために死刑が必要と主張する。国の政治判断に左右される死刑をめぐるさまざまな領域に焦点をあて、問題の所在を徹底して抉り出した全編書き下ろし論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 座談会 死刑と精神医療-精神障害者への死刑にまつわる問題
  • 精神障害者の場合を含む死刑問題と日弁連の見解
  • 死刑と精神障害者
  • 死刑と精神科医にまつわる問題
  • 憲法から見た精神障害者と死刑-アメリカの経験
  • 少年事件と死刑判決
  • 死刑および死刑囚についての覚書
  • 光市母子殺害事件の事実認定と死刑判決-謝罪追及の激しい声が事実を歪めるとき
  • 死刑と精神科医
  • 刑法39条を巡って-「死刑と精神医療」について考えるための予備的考察
  • 死刑論の辺縁

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死刑と精神医療
著作者等 中島 直
高岡 健
書名ヨミ シケイ ト セイシン イリョウ
書名別名 Shikei to seishin iryo
シリーズ名 メンタルヘルス・ライブラリー 30
出版元 批評社
刊行年月 2012.7
ページ数 248p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8265-0566-6
NCID BB09849527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想