平和の毒、日本よ

石原慎太郎 著

日本は自分で自分のことを決められなくなってしまったのか。尖閣は国家としての試練だ。今こそ"石原節"が読みたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地方分権、民営化の落とし穴
  • 失われようとしている子供たちのために
  • 日、米、中の三角関係のゆくえ
  • 国家的無駄遣いの省略方法
  • 人間の弱劣化
  • いかに備えるか
  • 宗教の無力
  • 日本の近未来の危機
  • 核開発の是非
  • 情報氾濫のもたらすもの〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和の毒、日本よ
著作者等 石原 慎太郎
書名ヨミ ヘイワ ノ ドク ニホン ヨ
書名別名 Heiwa no doku nihon yo
出版元 日本工業新聞社
産経新聞
刊行年月 2012.8
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8191-1171-3
NCID BB1011519X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想