宅地建物取引業重要事項説明書・書き方のポイント

住宅新報社 編

本書では、「一般物件」「区分所有建物」「建物の貸借」という物件種別ごとに、説明書の記入例と書き方のポイントをわかりやすく解説している。今回の8訂版では、法令に基づく制限として「津波防災地域づくりに関する法律」「東日本大震災復興特別区域法」による制限の概要について、新たに解説を追加した。また、平成24年7月2日現在施行の各種法令の改正を反映するとともに、国土交通省ガイドライン「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」に対応している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一般物件の記載例と記載のポイント(新築戸建て住宅の記載例
  • 宅地(更地)の記載例
  • 記載のポイント)
  • 第2章 区分所有建物の記載例と記載のポイント(既存マンションの記載例
  • 新築マンションの記載例
  • 記載のポイント)
  • 第3章 建物の貸借の記載例と記載のポイント(賃貸戸建て住宅(定期借家契約)の記載例
  • 賃貸マンションの記載例
  • 記載のポイント)
  • 第4章 重要事項説明書補足資料(法令上の制限等の補足説明
  • 参考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宅地建物取引業重要事項説明書・書き方のポイント
著作者等 住宅新報社
書名ヨミ タクチ タテモノ トリヒキギョウ ジュウヨウ ジコウ セツメイショ カキカタ ノ ポイント
書名別名 Takuchi tatemono torihikigyo juyo jiko setsumeisho kakikata no pointo
出版元 住宅新報社
刊行年月 2012.8
版表示 8訂版.
ページ数 292p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7892-3567-9
全国書誌番号
22200409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想