鳥は飛ばねばならぬ人は生きねばならぬ : ダンプ母ちゃんの七十年

田島婦美枝 著

貧しさのため高校にも行けず家政婦となり、失踪した父を探し出す。やっと最愛の夫と巡り会いテレビ結婚式をあげる。以来二人三脚で苦労しながら念願の「ダンプ軒」を開店。その奮闘ぶりは映画の原作となる。三人の娘を育て、店は大繁盛するが、若くして夫は急逝…。あのなつかしい昭和をひたすら頑張りぬいた中華料理店「ダンプ軒」母ちゃんの一代記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 生いたち(誕生
  • 父と母のこと
  • 貧しかったけれど
  • 青春時代
  • 父帰る)
  • 2章 結婚(東京での家政婦時代
  • 夫となる田島秀三
  • テレビ結婚式)
  • 3章 ダンプ軒誕生(ダンプ軒開店と娘たちの誕生
  • 店も住まいも引越す)
  • 4章 夫の死(平成の世になって
  • 夫の病気と別れ)
  • 5章 第二の人生(悲しみの日々のあとで…
  • 母と歌った「篭の鳥」
  • 平成二十三年の出来事)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥は飛ばねばならぬ人は生きねばならぬ : ダンプ母ちゃんの七十年
著作者等 田島 婦美枝
書名ヨミ トリ ワ トバネバ ナラヌ ヒト ワ イキネバ ナラヌ : ダンプ カアチャン ノ ナナジュウネン
書名別名 Tori wa tobaneba naranu hito wa ikineba naranu
出版元 ブレーン
北辰堂出版
刊行年月 2012.8
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86427-075-5
全国書誌番号
22140016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想