「境界国家」論 : 日本は国家存亡の危機を乗り越えられるか?

小原雅博 著

日本は「大復興」する中国と「アジア回帰」する米国との狭間に位置する「境界国家」である。その戦略は、明治以来の「アジアか欧米か」という二者択一ではなく、日米同盟と日中協商を共に追求する二者両立でなければならない。それは「境界国家」日本にとっての「究極の選択」であり、「外交の真髄」でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「境界国家」日本の選択(漂流する日本丸
  • 国家の盛衰 ほか)
  • 第1章 チャイナ・ジレンマ-強大化する中国の衝撃(中国「大復興」のチャンスとリスク
  • 「大復興」する中国の対外姿勢 ほか)
  • 第2章 激動するアジア秩序の形成-日本のアジア外交の回顧と展望(日本の「アジア重視」
  • 地域主義の胎動 ほか)
  • 第3章 日本最後の「開国」-「奥田ミッション」が残したもの(日本の再生とアジアへの「開国」
  • 「アジア経済再生ミッション」(「奥田ミッション」) ほか)
  • 終章 「境界国家」日本の再生(もう一度「開かれた」をキーワードに!
  • 日本の強さとアジアの「ハブ国家」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「境界国家」論 : 日本は国家存亡の危機を乗り越えられるか?
著作者等 小原 雅博
書名ヨミ キョウカイ コッカロン : ニホン ワ コッカ ソンボウ ノ キキ オ ノリコエラレルカ
出版元 時事通信出版局
時事通信社
刊行年月 2012.8
ページ数 312p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7887-1193-8
NCID BB09993997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想