トリュフォーの手紙

山田宏一 著

不良少年時代、親友ロベール・ラシュネーに恋の悩みを訴える、息せき切った手紙。兵役時代、練兵場から雑誌編集長エリック・ロメールに書いた懇願の手紙。「あこがれ」のロケ地から「カイエ・デュ・シネマ」誌編集部のシャルル・ビッチへの撮影日記のような手紙。「大人は判ってくれない」脚本家マルセル・ムーシーに宛てた、シナリオ論のような手紙。盟友ジャン=リュック・ゴダールへの骨肉相食む袂別の手紙。そして、脳腫瘍手術の直前、「日本の友人/分身」である著者への最後の手紙…。手紙魔・トリュフォーの厖大な手紙を紹介しながら、ひとりの「映画人間」の人生をドキュメントで伝える、渾身の書き下ろし評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トリュフォーと「ドロテ・クラブ」
  • シネマテーク、シネクラブ、ビアリッツ映画祭
  • 恋愛時代
  • 兵役時代
  • 若手急進派と作家主義
  • 習作時代
  • 映画術に向かって
  • 『あこがれ』と結婚
  • ヌーヴェル・ヴァーグの戦い
  • 映画はわれらのもの
  • ゴダールの決別、送られなかった手紙
  • トリュフォー最後の手紙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トリュフォーの手紙
著作者等 山田 宏一
書名ヨミ トリュフォー ノ テガミ
出版元 平凡社
刊行年月 2012.7
ページ数 493p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-28257-3
NCID BB09846165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想