微化石 : 顕微鏡で見るプランクトン化石の世界

谷村好洋, 辻彰洋 編著

生物がつくる驚きの造形美、微化石の世界を探る。初めて微顕鏡を覗いたとき、そこに広がる微化石の世界は、「わっーきれい」という感動とともに、私たちを素晴らしい非日常的な空間に引き込んでくれる。生物がつくる驚きの造形美から一歩踏み込んで、微化石を、深く知りたい、教育に生かしたい、研究したい、趣味や芸術の素材にしたい、そんな要望に応えるための本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 微化石とは
  • 第2章 海洋調査と深海掘削
  • 第3章 プランクトンの世界
  • 第4章 微化石の世界
  • 第5章 現在の微化石研究
  • 第6章 世界に誇る日本の微化石研究
  • 第7章 「深海探査と微化石の世界」企画展での展示と、微化石教材の開発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 微化石 : 顕微鏡で見るプランクトン化石の世界
著作者等 谷村 好洋
辻 彰洋
書名ヨミ ビカセキ : ケンビキョウ デ ミル プランクトン カセキ ノ セカイ
書名別名 Bikaseki
シリーズ名 国立科学博物館叢書 13
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2012.8
ページ数 396p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-486-01944-2
NCID BB09858641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想