動脈硬化症の新しい診断・治療標的

倉林正彦 監修 ; 山岸昌一 編集

動脈硬化リスクの層別化、診断ツール、疾患のステージング、予後予測あるいは治療の効果判定などに有効なマーカーの探索。注目の分子を4つの章に分類し、計20項目について解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脂質代謝関連(Small dense LDLとRLP‐C
  • CETP
  • NPC1L1
  • パラオキソナーゼ1(PON1)
  • PLA2)
  • 第2章 糖代謝関連(アディポネクチン
  • PPARγ
  • アンジオポエチン様因子
  • インクレチン
  • AGE‐RAGE)
  • 第3章 血圧・血行力学関連(プロレニンと(プロ)レニン受容体
  • ADMA
  • アルドステロン
  • ACE2
  • 時計遺伝子)
  • 第4章 炎症・血栓・老化関連(ミエロペルオキシダーゼ(MPO)
  • オステオポンチン
  • DC40リガンド
  • トロンボモジュリン
  • テロメア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動脈硬化症の新しい診断・治療標的
著作者等 倉林 正彦
山岸 昌一
書名ヨミ ドウミャク コウカショウ ノ アタラシイ シンダン チリョウ ヒョウテキ
書名別名 Domyaku kokasho no atarashi shindan chiryo hyoteki
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 2012.7
ページ数 200p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7792-0775-4
NCID BB09969405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想