江戸の人気浮世絵師 : 俗とアートを究めた15人

内藤正人 著

江戸文化の華、浮世絵。今でこそ芸術的評価も高いが、当時は庶民の娯楽。絵師の給料は安く、副業として描くのは当たり前、春画で生活をしのいだ者も多い。それでも描きたい絵師たちは、売れるために、「風俗の最先端」を追い求めた。その影響力は大きく、幕府から処罰を受けた絵師もいる。本書では、ブランディングに成功した師宣、万物を描き尽くした超人・北斎、体臭も漂うような妖艶美人画を描いた英泉など、大胆に15人を選出。華やかな浮世絵の背後で繰り広げられた、絵師たちのスキャンダラスな人間ドラマを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 菱川師宣-落款を入れるブランド浮世絵師
  • 奥村政信-版元も兼業した知略家
  • 西川祐信-都のはんなり美人の衝撃が江戸に
  • 鈴木春信-カラー版画の革命児
  • 北尾重政-挿絵大好きの異端児
  • 勝川春章-大名パトロンを抱えた人気者
  • 鳥居清長-役者絵界からの逆襲
  • 喜多川歌麿-浮世絵美人画の代名詞
  • 鳥文斎栄之-旗本絵師の酔狂が、歌麿美人画のライバルに!
  • 東洲斎写楽-一瞬の煌きを残して去った、浮世絵界随一の謎
  • 歌川豊国-役者絵・美人画・死角のない安定派
  • 葛飾北斎-万物を描き尽くす画狂人
  • 渓斎英泉-幕末退廃美の極み
  • 歌川広重-風景版画の開拓と定着
  • 歌川国芳-面白浮世絵なんでもござれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の人気浮世絵師 : 俗とアートを究めた15人
著作者等 内藤 正人
書名ヨミ エド ノ ニンキ ウキヨエシ : ゾク ト アート オ キワメタ ジュウゴニン
シリーズ名 幻冬舎新書 な-13-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.7
ページ数 257p 図版16p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98272-7
NCID BB09853728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22205544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想