あらゆる小説は模倣である。

清水良典 著

あらゆる小説は多かれ少なかれ、他の小説を手本にし、影響を受け、技を盗み、足跡を追いかけることによって書かれている。夏目漱石も谷崎潤一郎も村上春樹も例外ではない。オリジナリティと模倣についてどう考えればいいのか。硬軟かかわらず膨大な現代小説を精緻に読みこなすことで圧倒的に支持される文芸評論家が、まるでDJがさまざまな音楽をリミックスするように、自由自在に過去の名著を模倣し、盗むことによって小説を完成させる技法をはじめて明らかにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 模倣と「パクリ」のあいだ(小説のそら似
  • 「盗作」の境界線
  • 堂々と盗む)
  • 第2章 オリジナリティの呪縛を解く(インスピレーションの神話
  • 近代のたそがれ
  • コピペ時代のオリジナリティ)
  • 第3章 模倣実践創作講座(刺激を受けて小説を書く
  • 断片をふくらませる
  • 引用する
  • 「方法」を借りる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あらゆる小説は模倣である。
著作者等 清水 良典
書名ヨミ アラユル ショウセツ ワ モホウ デ アル
書名別名 Arayuru shosetsu wa moho de aru
シリーズ名 幻冬舎新書 し-1-3
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.7
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98270-3
NCID BB09853342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22205547
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想