北瞑の大地

浅黄斑 著

天明三年(一七八三)七月、事件は起きた。小間物問屋河内屋主人が殺され、犯人は奉公人達によって蔵内に閉じ込められ、駆けつけた老岡っ引き帆柱の喜平は内に踏み込むが、賊は煙の如く消えていた。衆人の看視下、一体いかにして、姿を消したのか?手掛かりを探す同心鈴鹿彦馬と帆柱の喜平の焦燥と苦悩。捕物帳と本格推理の結合を目ざす記念碑的新シリーズの誕生。書き下ろし長編時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北瞑の大地
著作者等 浅黄 斑
書名ヨミ ホクメイ ノ ダイチ
書名別名 Hokumei no daichi
シリーズ名 八丁堀・地蔵橋留書 1
二見時代小説文庫 1
出版元 二見書房
刊行年月 2012.8
ページ数 326p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-12105-5
全国書誌番号
22138559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想