はんだ付工学 : 理論から実践まで

大澤直 著

現代社会はコンピュータをはじめとする電子機器なくしては機能しないが、それらの信頼性ははんだ付によって支えられていると言っても過言ではない。本書はこのはんだ付に関し、今日主流となっているPbフリーはんだはもとより、多くの研究の蓄積があるSn‐Pb系はんだについても、その原理・現象から実装技術や装置に至るまで最新知識を盛り込み丁寧に解説したものである。長年はんだ付の研究に携わってきた著者の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎編(はんだ付の意義
  • はんだ付の科学
  • はんだ付の設計および前処理
  • はんだ付継手の性質
  • はんだ付の信頼性)
  • 応用編(はんだおよびフラックス
  • Pbフリーはんだ
  • はんだ付法
  • 電気・電子材料のはんだ付
  • マイクロソルダリング
  • はんだ付の欠陥と検査)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はんだ付工学 : 理論から実践まで
著作者等 大沢 直
大澤 直
書名ヨミ ハンダズケ コウガク : リロン カラ ジッセン マデ
書名別名 Handazuke kogaku
出版元 丸善
刊行年月 2012.7
ページ数 434p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08574-5
NCID BB09975383
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想