麻酔をめぐるミステリー : 手術室の「魔法」を解き明かす

廣田弘毅 著

もしも麻酔がなかったら、歯の治療や手術はどんなに苦しいものであろう。現在は麻酔があるからこそ、安心して手術も歯の治療も受けられる。では、そもそもなぜ麻酔は「効く」のか。そのメカニズムは完全にはわかっていない。未解決の謎がいくつも横たわっているのだ。本書では、とくに全身麻酔をめぐるさまざまなミステリーを取り上げながら麻酔の迷宮を探検し、全身麻酔はなぜ効くのか、という大きな謎の解明に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 もしも麻酔がなかったら
  • 2 麻酔はなぜ効くか
  • 3 マイケルはなぜ死んだ?
  • 番外編 名探偵KOKIの事件簿
  • 4 麻酔のパラドックス
  • 5 麻酔メカニズムの真実
  • スピン・オフ 医学生探偵モリリンの冒険
  • 6 卒業試験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 麻酔をめぐるミステリー : 手術室の「魔法」を解き明かす
著作者等 廣田 弘毅
書名ヨミ マスイ オ メグル ミステリー : シュジュツシツ ノ マホウ オ トキアカス
書名別名 Masui o meguru misuteri
シリーズ名 DOJIN選書 47
出版元 化学同人
刊行年月 2012.7
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1347-0
NCID BB09842787
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想