テレビの日本語

加藤昌男 著

テレビが誕生して来年で六〇年。当初穏やかに語りかけていたテレビが、今や朝から晩まで声高にしゃべり続ける饒舌なメディアへ変わった。報道番組もお笑い番組も隙間なくしゃべり続けるようになったのはいつからか。ニュースのことばを中心にテレビの歴史をふりかえりながら、その要因を探り、テレビの日本語の今を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 テレビが息をのんだ「3・11」
  • 第1章 テレビのことばはこう作られる
  • 第2章 時代を映すテレビのことば
  • 第3章 ニュース文体はこう変わってきた
  • 第4章 災害報道のことば
  • 第5章 報道現場でのことばの選択
  • 終章 デジタル時代のことばの行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビの日本語
著作者等 加藤 昌男
書名ヨミ テレビ ノ ニホンゴ
書名別名 Terebi no nihongo
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1378
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
ページ数 234,10p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431378-6
NCID BB0971810X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想