いまだから伝えたい戦時下のこと : 大学教員の戦争体験記

全国大学生活協同組合連合会東海ブロック教職員委員会 編

空襲・疎開・勤労動員。総勢31人の元大学教授たちが、ほんとうの平和を願って語り始めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中学生たちの戦時下-勤労動員そして少年兵(知覧・半田・広島・長崎-学徒動員の記憶(諏訪兼位(名古屋大学名誉教授・日本福祉大学名誉教授))
  • 被爆で親友を亡くした戦争体験(可児島俊雄(名古屋大学名誉教授)) ほか)
  • 第2章 戦時下の小学生-学校生活と疎開(小学生だった私の「戦時中」(歌川悦子(日本福祉大学名誉教授))
  • 戦時と戦後の学校生活(中田實(名古屋大学名誉教授)) ほか)
  • 第3章 子どもたちが体験した戦争-空襲、機銃掃射(私の被爆体験から(沢田昭二(名古屋大学名誉教授))
  • 戦争から平和へ-空襲の体験(高橋正(愛知大学名誉教授)) ほか)
  • 第4章 外地での戦時下-満州、内蒙古(内蒙古で過ごした少年時代(鳥居達生(名古屋大学名誉教授))
  • 敗戦前後の「満州」で(大木一訓(日本福祉大学名誉教授・労働運動総合研究所顧問)) ほか)
  • 第5章 戦時下という時代(戦時下の思想弾圧の体験(一ノ瀬秀文(大阪市立大学名誉教授))
  • 戦時期の体験(青木みか(名古屋女子大学名誉教授)) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いまだから伝えたい戦時下のこと : 大学教員の戦争体験記
著作者等 全国大学生活協同組合連合会
全国大学生活協同組合連合会東海ブロック教職員委員会
書名ヨミ イマ ダカラ ツタエタイ センジカ ノ コト : ダイガク キョウイン ノ センソウ タイケンキ
シリーズ名 樹林舎叢書
出版元 人間社
刊行年月 2012.7
ページ数 345p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-931388-68-0
NCID BB10018295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想