暴走するバイオテクノロジー

天笠啓祐 著

クローン猫で毛の色が違うわけ、サイボーグ人間が現実になる日はすぐそこに、遺伝子操作でスーパー・アスリート、巨大鮭が食卓にやってくる-「生命操作」はまさに「制御できない技術」。その実態を見ていく一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サイボーグ人間が現実になる日はすぐそこに
  • 第2章 遺伝子操作でスーパー・アスリート
  • 第3章 巨大鮭が食卓にやってくる
  • 第4章 クローン猫で毛の色が違うわけ
  • 第5章 美しい「青いユリ」には危険なトゲが
  • 第6章 遺伝子組み換え作物が新種の微生物を作りだした
  • 第7章 死んだはずの"人造"蚊が生きていた
  • 第8章 京野菜の種子はニュージーランド産
  • 第9章 「黄禹錫」事件と血液を欲しがる研究者
  • 第10章 冤罪が続くDNA鑑定は決め手にならない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暴走するバイオテクノロジー
著作者等 天笠 啓祐
書名ヨミ ボウソウ スル バイオテクノロジー
出版元 金曜日
刊行年月 2012.8
ページ数 162p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-906605-84-2
NCID BB10099978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22184044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想