立川談志自伝狂気ありて

立川談志 著

人間誰しもそうであろうと思うが、当然くる人生の終焉に対する己が身の「整理」、これであろう。想い出という名の未練を書き残しておく。希代の天才落語家、最後の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 負けず嫌いで皮肉なガキだった-父と母、空襲、疎開、敗戦(小石川に生まれ多摩川べりで育つ
  • 死の床の祖母 ほか)
  • 第2章 現在の職業になる如く-ラジオと映画、寄席、入門(ラジオという最高の娯楽
  • この頃から批判眼 ほか)
  • 第3章 いわゆる波乱万丈の人生だ-家族、家、仕事、交遊録(落ち目のときはドカンといく
  • 「絶対にこの暮らしを離すまい」 ほか)
  • 第4章 アフリカ、もう行けまい-旅、映画、外国ジョーク(誰も外国に行けなかった頃
  • 女を買うのは好きじゃない ほか)
  • 第5章 エゴの塊のような気狂いが老いた-がん、声、未完("松岡さん"と呼ぶのはやめてくれ
  • 人並みに治っても駄目 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立川談志自伝狂気ありて
著作者等 立川 談志
書名ヨミ タテカワ ダンシ ジデン キョウキ アリテ
書名別名 Tatekawa danshi jiden kyoki arite
出版元 亜紀書房
刊行年月 2012.8
ページ数 275p 図版16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7505-1213-6
NCID BB10226882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想