住まいの文化論 : 構造と変容をさぐる

森隆男 著

住まいは「建物」だけが存在するのではない。住まいと暮らしが一体になった「生きている住まい」-その魅力にとりつかれた著者30年の軌跡。「御仮屋」-寝室の移動にみる「クチ‐オク」の秩序-来訪神をどこに迎えるか-変わる部分と変わらない部分-日本の「田園都市」。住まいの意味と社会のありかたを考える、ソフト面からの住文化論。フィールドワークによる豊富な図版・写真。索引付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 住文化論をめざして
  • 第1章 祭祀施設にみる住まいの原点(古代の御仮屋が残る春日若宮祭
  • 諏訪大社上社の儀礼と御仮屋
  • 頭屋儀礼における御仮屋の諸相
  • 御仮屋に残る住まいの原感覚)
  • 第2章 住まいの秩序が反映した屋内神の祭場(「クチ‐オク」の方位がつくりだす秩序
  • 住まいの"オク"に祀られる家の神
  • あいまいな秩序の部屋-"カミ"と"シモ"の間
  • "オモテ"と"ウラ")
  • 第3章 来訪神への対応(他界から聖地、そして住まいを訪れる神
  • ニワから座敷へ-奈良県平群町の頭屋儀礼を中心に
  • 縁と床の間-南西諸島の床の神
  • 結界-時仏堂から仏壇へ)
  • 第4章 住まいの変容(都市の住まい
  • 観光化のなかで暮らしを守る住まいを求めて
  • 沖縄の住まいと暮らし-"変容"の視点から
  • 住まいの変容と伝統儀礼-沖縄県小浜島のヒンプン)
  • 第5章 田園都市「千里山住宅地」から学ぶ今後の住まい(田園都市とは
  • 千里山住宅地の誕生
  • 住まいと暮らしの"変容"
  • 田園都市の夢と現実、その意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住まいの文化論 : 構造と変容をさぐる
著作者等 森 隆男
書名ヨミ スマイ ノ ブンカロン : コウゾウ ト ヘンヨウ オ サグル
書名別名 Sumai no bunkaron
出版元 柊風舎
刊行年月 2012.7
ページ数 307p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-903530-95-6
NCID BB09829676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22168867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想