素粒子物理学 = Introduction to Elementary Particle Physics

堺井義秀, 山田憲和, 野尻美保子 著

[目次]

  • 第0章 序:本書を読む前に(10のベキ乗の単位
  • 相対論的運動学
  • 4元ベクトルを用いた記法
  • スピンと統計、量子力学
  • 自然単位系
  • 磁場中での荷電粒子の軌跡)
  • 第1章 素粒子物理学の誕生(素粒子物理学の始まり
  • 量子力学と反粒子の発見
  • 中間子発見からクォークモデルへ
  • 世代の繰り返しとフレーバーの物理
  • 力を媒介する粒子の発見
  • 対称性と対称性の破れ)
  • 第2章 素粒子実験(粒子加速器
  • 粒子検出器
  • 粒子測定装置)
  • 第3章 素粒子物理の理論的枠組み(場の量子論の導入
  • 最小作用の原理
  • 場と粒子
  • 対象性と保存則
  • 摂動論)
  • 第4章 素粒子標準模型(素粒子の種類
  • 3つの力
  • 質量の起源と電弱理論
  • フレーバー混合
  • 標準模型のまとめ)
  • 第5章 相互作用・物質の起源と標準模型を超える物理(標準模型の限界と素粒子をめぐるスケール
  • 大統一理論
  • 超対称模型と大統一論
  • 暗黒物質と素粒子物理
  • バリオンの起源
  • LHCの世紀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素粒子物理学 = Introduction to Elementary Particle Physics
著作者等 堺井 義秀
山田 憲和
野尻 美保子
KEK
高エネルギー加速器研究機構
書名ヨミ ソリュウシ ブツリガク
書名別名 Introduction to Elementary Particle Physics

Soryushi butsurigaku
シリーズ名 KEK物理学シリーズ / 高エネルギー加速器研究機構 監修 1
出版元 共立
刊行年月 2012.7
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-320-03484-6
NCID BB09776081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想