楠の実が熟すまで

諸田玲子 著

期限は初冬、楠の実が熟すまで。21歳の利津は、御徒目付を務める伯父に命じられ、潜入捜査のため京の下級公家・高屋家に嫁いだ。安永年間、禁裏での出費増大に頭を悩ませた幕府は、公家たちの不正を疑うが、探索のため送り込んだ者たちは次々に謎の死を遂げていた。最後の切り札として単身乗り込んだ女隠密・利津は、高屋家に夫の弟・右近が幽閉されているのを知る。証拠はどこに…?著者の新境地を拓く、長編時代ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楠の実が熟すまで
著作者等 諸田 玲子
書名ヨミ クス ノ ミ ガ ジュクス マデ
シリーズ名 角川文庫 も18-4
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.7
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100388-6
NCID BB09987010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想