〈政府〉の役割を経済学から問う

大西潤 編著

[目次]

  • 第1章 市場と政府の役割を考える(市場メカニズムとその限界
  • 政府の役割とは
  • 政府に求められる役割の推移)
  • 第2章 政府は破綻するのか(民主党政権の財政運営
  • プライマリーバランスとは何か
  • 日本政府の危機的財政状況
  • 財政破綻は起こるのか)
  • 第3章 公共事業を仕分ける(データから見る公共事業
  • 政府による資源の利用
  • 公共事業はどのように評価されているか)
  • 第4章 市民と政府(国家とは何か
  • 市民)
  • 第5章 政権交代論(選挙制度
  • 政治改革
  • 二大政党化と政党政治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈政府〉の役割を経済学から問う
著作者等 中東 雅樹
大西 潤
沢村 明
長谷川 雪子
鷲見 英司
書名ヨミ セイフ ノ ヤクワリ オ ケイザイガク カラ トウ
出版元 法律文化社
刊行年月 2012.7
ページ数 144p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03443-4
NCID BB09717366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想