学問の冒険

河合雅雄 著

丹波篠山の山野をかけめぐった探検好きの少年時代。人間悪の根源への問いを深めた戦争体験。今西錦司・宮地伝三郎両氏に導かれた霊長類のグループ研究。アフリカ探検調査の辛苦と感動…。日本独自のサル学を切り拓いた著者が、冒険の精神と発見の喜びに満ちた自らの半生をふりかえり、学問の創造性を育む「雑木林の思想」の魅力を存分に語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自然への憧憬(サル学と人間学
  • 自然への憧憬
  • サル学との出会い)
  • 第2章 森の中の学問(サル学への案内
  • 悪の自然誌
  • 家族と人間)
  • 第3章 雑木林の思想(内なる自然
  • 学問の冒険)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学問の冒険
著作者等 河合 雅雄
書名ヨミ ガクモン ノ ボウケン
書名別名 Gakumon no boken
シリーズ名 社会 245
岩波現代文庫 245
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
ページ数 308p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603245-6
NCID BB09709914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想