メディア文化とジェンダーの政治学 : 第三波フェミニズムの視点から

田中東子 著

ラディカル・フェミニズムの成果を享受する一方で、そのイデオロギーには違和感を覚える女性たち。フェミニズムはもはや存在意義を失ったのか?「政治的なもの」から「ポップなもの」へ、「社会的なもの」から「個人的なもの」へと重心を移しながら、多様な声を包みこむ第三波フェミニズムと、女性たちの文化実践を結ぶ、今日的フェミニスト・カルチュラル・スタディーズ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今日の女性たちとジェンダーをめぐる問題
  • 第2章 メディア文化とジェンダーを研究するためのアプローチ
  • 第3章 メディア表象とジェンダー構築のメカニズム
  • 第4章 「主婦」向け情報番組が仕掛ける罠-沈黙は饒舌に包囲される
  • 第5章 メディアスポーツとジェンダー-ジェンダー化される身体とミクロポリティカルなスポーツ空間
  • 第6章 スポーツ観戦をめぐる性差のポリティクス-女性たちの文化実践とまなざし
  • 第7章 オルタナティヴな空間を生みだすポピュラー文化-コスプレにおける文化消費と文化生産を例として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア文化とジェンダーの政治学 : 第三波フェミニズムの視点から
著作者等 田中 東子
書名ヨミ メディア ブンカ ト ジェンダー ノ セイジガク : ダイサンパ フェミニズム ノ シテン カラ
出版元 世界思想社
刊行年月 2012.7
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1568-9
NCID BB09796158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想