災害と妖怪 : 柳田国男と歩く日本の天変地異

畑中章宏 著

柳田国男の『遠野物語』『妖怪談義』『山の人生』を繙くと、日本列島は、大地震だけでなく、飢饉、鉄砲水、干ばつなど、繰り返し災害に見舞われている。そこかしこで起こる災害の記憶は、河童、座敷童、天狗、海坊主、大鯰、ダイダラ坊…おどろおどろしい妖怪に仮託され、人々の間に受け継がれてきたのだ。遠野、志木、柳田の生まれ故郷の辻川(兵庫)、東京の代田などをたどり直し、各地に残る妖怪の足音を取材しながら、ほそぼそと残る「災害伝承」を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 河童は死と深く結びつくものであるという事
  • 2章 天狗が悪魔を祓うといまも信じられている事
  • 3章 洪水は恐るべきものでありすべての始まりでもある事
  • 4章 鯰や狼が江戸の世にもてはやされたという事
  • 5章 一つ目の巨人が跋扈し鹿や馬が生贄にされた事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害と妖怪 : 柳田国男と歩く日本の天変地異
著作者等 畑中 章宏
書名ヨミ サイガイ ト ヨウカイ : ヤナギタ クニオ ト アルク ニホン ノ テンペン チイ
書名別名 Saigai to yokai
出版元 亜紀書房
刊行年月 2012.7
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1212-9
NCID BB09834097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想