東アジアの日本書紀 : 歴史書の誕生

遠藤慶太 著

日本古代史を知る第一の古典『日本書紀』を"史料"としてではなく"書物"として読み解く新たな試み。『日本書紀』が朝鮮古代史の宝庫でもある理由を探り、古代国家日本の成立を記した、ひとつの「歴史書」誕生の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書物としての『日本書紀』-プロローグ
  • 天皇の年代記
  • 東アジアの動向と『日本書紀』
  • 百済史書と書記官たち
  • 百済史書と『日本書紀』
  • 誕生した歴史書-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの日本書紀 : 歴史書の誕生
著作者等 遠藤 慶太
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ニホン ショキ : レキシショ ノ タンジョウ
シリーズ名 日本書紀 349
歴史文化ライブラリー 349
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.8
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05749-3
NCID BB09727428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想