俳人荷風

加藤郁乎 著

荷風作品の中で、特に俳味に富んだ『冬の蝿』『〓(ぼく)東綺譚』『雨瀟瀟』『断腸亭日乗』を中心に取り上げて、集中の荷風俳句を江戸俳諧の伝統を踏まえて評釈する。さらに、荷風が心許した市井の風流子(籾山梓月、相磯凌霜、邦枝完二、森銑三…)との交遊と彼ら粋人の遺した荷風評を通して、荷風俳句の放つ「特有なる隠遁の風致」を味読する。初めての本格的な俳人荷風の提示であり、「市隠荷風の手すさび」を読み直すことで、荷風小説また随筆を格別に味わいゆたかにする初めての荷風論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『冬の蝿』と俳味
  • 2 『〓(ぼく)東綺譚』をめぐりて
  • 3 『雨瀟瀟』と薗八節
  • 4 『断腸亭日乗』の俳事
  • 5 日夏耿之介-荷風を偏愛した詩人俳諧師
  • 6 秋庭太郎-荷風の系譜を探った考証家
  • 7 相磯凌霜-俳諧通を通した側近
  • 8 正岡容-荷風を記録した寄席文学者
  • 9 邦枝完二-荷風を師承した門人作家
  • 10 籾山梓月-荷風が兄事した俳人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俳人荷風
著作者等 加藤 郁乎
書名ヨミ ハイジン カフウ
書名別名 Haijin kafu
シリーズ名 文芸 204
岩波現代文庫 204
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
ページ数 257p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602204-4
NCID BB09710866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想