赤いべべ着せよ…

今邑彩 著

「こーとろ、ことろどの子をことろ」。子とり鬼のわらべ歌と鬼女伝説が伝わる街・夜坂。夫を亡くし、娘と二十年ぶりに帰郷した千鶴は、幼なじみの娘が殺されたと聞かされる。その状況は、二十二年前に起きた事件とそっくりだった。その後、幼児が殺される事件が相次ぐ。鬼の正体はいったい誰なのか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤いべべ着せよ…
著作者等 今邑 彩
書名ヨミ アカイ ベベ キセヨ
書名別名 Akai bebe kiseyo
シリーズ名 中公文庫 い74-18
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.7
ページ数 317p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205666-4
NCID BB09897202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想