変貌する中国経済と日系企業の役割

渡辺利夫, 21世紀政策研究所 監修 ; 大橋英夫 編

中国は経済発展の「転換点」に入ろうとしている。高成長を続ける中国の労働市場・消費市場・企業構造の変化を読み解き、日系企業がこれにどう適応し挑戦していくべきか、新たな課題を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 労働市場の変容と中国経済の「転換点」(労働需給と賃金上昇:現状と展望
  • 労働市場の多重構造と「ルイスの転換点」
  • 産業・貿易構造の変化と発展方式の転換
  • 技術政策の現状と展望)
  • 第2部 消費市場・企業構造の変化と日系企業(ボリュームゾーンの成長と企業戦略
  • 中央企業の動向と日本企業への影響
  • 環境を主軸とする構造調整と日本企業の役割
  • 日系企業の経営戦略の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する中国経済と日系企業の役割
著作者等 21世紀政策研究所
大橋 英夫
渡辺 利夫
二十一世紀政策研究所
書名ヨミ ヘンボウ スル チュウゴク ケイザイ ト ニッケイ キギョウ ノ ヤクワリ
書名別名 Henbo suru chugoku keizai to nikkei kigyo no yakuwari
シリーズ名 21世紀政策研究所叢書
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.7
ページ数 220p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-50366-7
NCID BB09805000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想