日本文学史  近代・現代篇7

ドナルド・キーン 著 ; 新井潤美 訳

正岡子規、与謝野晶子、北原白秋、石川啄木、斎藤茂吉らが牽引し、短歌と俳句文学は新たな発展を遂げた。日本文学への深い愛情をこめて単独執筆した魅力あふれる通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 短歌(初期の短歌
  • 落合直文
  • 鉄幹、晶子と『明星』の歌人たち
  • 北原白秋
  • 自然主義の歌人たち
  • 石川啄木
  • 正岡子規
  • 伊藤左千夫と長塚節
  • 島木赤彦
  • 斎藤茂吉
  • その他の歌人
  • 戦後の歌人)
  • 俳句(正岡子規
  • 子規の弟子たち-河東碧梧桐と高浜虚子
  • 自由律の俳人たち
  • 『ホトトギス』派の俳人たち
  • 『ホトトギス』派への反発
  • 山口誓子
  • 川端茅舎と後期『ホトトギス』派
  • 人間探求派の俳人たち
  • 戦後の俳句)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学史
著作者等 Keene, Donald
土屋 政雄
徳岡 孝夫
新井 潤美
角地 幸男
キーン ドナルド
書名ヨミ ニホン ブンガクシ
書名別名 Dawn to the West,Japanese Literature of the Modern Era

Nihon bungakushi
シリーズ名 中公文庫 き3-24
巻冊次 近代・現代篇7
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.7
ページ数 331p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205671-8
NCID BB04855216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想