中国共産党の支配と権力 : 党と新興の社会経済エリート

鈴木隆 著

市場経済化に伴う新しい社会経済エリートの台頭に直面して、中国共産党はどのように政治的適応を果たしたか。2000年代初頭から今日に至るまで、中国の支配体制と権力構造はいかに変貌を遂げたのか。多数の資料と緻密な実証分析に基づき、共産党による支配の実相を解明するとともに、民主化を含む今後の中国政治の方向性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 政党研究の対象としての中国共産党の「復権」
  • 第1章 新社会階層の政治的志向をめぐる共産党の認識と対応の指針
  • 第2章 新社会階層に対する組織路線と「両新組織」の党建設
  • 第3章 「3つの代表」論に基づく新社会階層の党員リクルート
  • 第4章 統一戦線をめぐる共産党の認識と理論的進展
  • 第5章 新社会階層に対する統一戦線活動
  • 終章 中国の「党=国家体制」の政治的可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国共産党の支配と権力 : 党と新興の社会経済エリート
著作者等 鈴木 隆
書名ヨミ チュウゴク キョウサントウ ノ シハイ ト ケンリョク : トウ ト シンコウ ノ シャカイ ケイザイ エリート
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 432p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1951-1
NCID BB0985137X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想