特許訴訟の実務

髙部眞規子 編

裁判官が実務上重要な22の論点について原告側、被告側双方の主張立証の留意点を分かりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 特許権侵害訴訟(特定論
  • 充足論-文言侵害の場合
  • 充足論-均等侵害の場合
  • 充足論-間接侵害の場合
  • 無効論
  • その余の抗弁-消尽
  • その余の抗弁-先使用
  • その余の抗弁-試験研究
  • 損害論
  • 侵害訴訟の訴訟運営
  • 特許権の仮処分)
  • 第2部 審決取消訴訟(総論
  • 査定系
  • 当事者系
  • 審決取消訴訟の訴訟運営)
  • 第3部 職務発明対価請求訴訟(職務発明相当対価請求の要件
  • 対価の算定
  • 対価請求権の消滅時効)
  • 第4部 特許権の帰属や契約をめぐる訴訟(冒認に対する救済
  • ライセンス契約をめぐる訴訟)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特許訴訟の実務
著作者等 高部 眞規子
書名ヨミ トッキョ ソショウ ノ ジツム
書名別名 Tokkyo sosho no jitsumu
シリーズ名 裁判実務シリーズ 2
出版元 商事法務
刊行年月 2012.7
ページ数 539p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-1989-0
NCID BB09739642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想