私の西洋音楽巡礼

徐京植 著

幼時から少青年時代のクラシック音楽との出会い、母や家族や友人のこと、さらにパートナーとともに出向いた数々のコンサート、ザルツブルク音楽祭、マーラーやシューベルト、そして尹伊桑について…時代と土地と文献を縦横にわたりながら、音楽という鏡に映して自分自身を省みた、徐京植の最新エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽は危険だ
  • 性の目覚め、音楽の目覚め
  • 年上の女
  • 幼い頃
  • 初恋
  • あるチェリストの思い出
  • レクイエム
  • 音の世界、色を楽しむところ
  • 西ベルリン
  • 「向こう側」に流れる音響-二〇一〇年ザルツブルク音楽祭〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の西洋音楽巡礼
著作者等 徐 京植
書名ヨミ ワタクシ ノ セイヨウ オンガク ジュンレイ
書名別名 Watakushi no seiyo ongaku junrei
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.7
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07701-5
NCID BB09916147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想