評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資 高等学校地理歴史

国立教育政策研究所教育課程研究センター【著】

[目次]

  • 第1編 総説(新しい学習指導要領を踏まえた学習評価の基本的な考え方はどのようなものか。
  • 目標に準拠した学習評価により観点別学習状況の評価を行うことは高等学校の生徒にどのようなメリットがあると考えられるか。
  • 目標に準拠した評価を進めていくに際して、評価規準の設定等はどのようにしたらよいのか。
  • 実際に評価を行うに際しての方法はどのようにしたらよいか、その工夫改善はどのように進めたらよいか。)
  • 第2編 地理歴史科における評価規準の作成、評価方法等の工夫改善(教科目標、評価の観点及びその趣旨
  • 世界史B
  • 日本史B
  • 地理B)
  • 参考資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資 高等学校地理歴史
著作者等 国立教育政策研究所教育課程研究センター
書名ヨミ ヒョウカキジュンノサクセイヒョウカホウホウトウノクフウカイゼンノタメノサンコウシコウトウガッコウチリレキシ
出版元 教育出版
刊行年月 2012.7
ページ数 132p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 978-4-316-30062-7
NCID BB07686942
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想