ベルクソン哲学と科学との対話

三宅岳史 著

エントロピー、非可逆性、進化、目的性、…現代科学が語りえていない課題を、ベルクソンはどのように論じたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 持続概念の形成と連続性の問題
  • 第2章 力・エネルギー概念と決定論の問題
  • 第3章 神経系(ニューロン)概念と心身問題
  • 第4章 エントロピー概念と非可逆性(時の矢)の問題
  • 第5章 偶然性概念と階層の問題
  • 第6章 目的性概念と生物進化(器官の構造と機能)の問題
  • 第7章 時空の概念と宇宙論(コスモロジー)の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルクソン哲学と科学との対話
著作者等 三宅 岳史
書名ヨミ ベルクソン テツガク ト カガク トノ タイワ
シリーズ名 プリミエ・コレクション 15
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 218p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-232-5
NCID BB09810157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想