泌尿器科学診療・研究の過去・現在・未来 : プロスタール発売30周年記念随想集

村井勝 編集

[目次]

  • 赤倉功一郎『前立腺研究〜私が辿ってきた道〜』
  • 赤座英之『日本の泌尿器科
  • 40年の変遷』
  • 荒井陽一『前立腺全摘術の光と影:人工尿道括約筋手術の保険収載までの道のり』
  • 伊藤一人『前立腺の基礎・臨床研究と診療:これまでの20年、これからの20年』
  • 植村天受『泌尿器科腫瘍学の行先』
  • 頴川晋『泌尿器科を志した理由』
  • 大島伸一『窮すれば変ず、変ずれば通ず』
  • 大園誠一郎『プロスタールの思い出』
  • 大谷幹伸『震災と個人的雑感』
  • 小川修『大学院での研究の意義を考える:私自身の体験からの考察』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 泌尿器科学診療・研究の過去・現在・未来 : プロスタール発売30周年記念随想集
著作者等 村井 勝
書名ヨミ ヒニョウキカガク シンリョウ ケンキュウ ノ カコ ゲンザイ ミライ : プロスタール ハツバイ サンジッシュウネン キネン ズイソウシュウ
書名別名 Hinyokikagaku shinryo kenkyu no kako genzai mirai
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 2012.7
ページ数 103p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7792-0918-5
全国書誌番号
22194894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想