古典との対話

串田孫一 著

『論語』『聖書』『パンセ』『君主論』『徒然草』…碩学が自分流に楽しみながらつきあってきた古典23冊をめぐる、深く静かな、珠玉のエッセイ、読書論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間とは何か(考える葦-パスカルの『パンセ』
  • 故に我あり-デカルトの『方法序説』
  • 知りたがる心-プルタルコスの『モラリア』
  • 偽りのない書物-モンテーニュの『随想録』
  • 食欲と美味と快楽-ブリア・サヴァランの『味覚の生理学』
  • 心の貧しき者-マタイによる福音書
  • 太陽と死-ラ・ロシュフコーの『省察と箴言』
  • 運命の女神-マキアヴェリの『君主論』)
  • 2 自分とのたたかい(隠れて生きること-エピクロスの一断片
  • 孤独と法悦-アミエルの『日記』
  • 遁世者の心-鴨長明の『方丈記』
  • 空言多き世-兼好法師の『徒然草』
  • 憂愁の天才-ショーペンハウアーの『意志と表象としての世界』)
  • 3 生きる道を求めて(処世の要諦-千字文
  • 仁者は山を楽しむ-論語
  • 心に在るもの-詩経
  • 内直而外曲-荘子)
  • 4 古典と共に(宇宙国家の同砲-マルクス・アウレリウスの『自省録』
  • 虫の黙示録-ファーブルの『昆虫記』
  • 故事と共に-ルソーの『エミール』
  • 怠惰な多忙-セネカの『道徳論集』
  • 理想郷-トマス・モアの『ユートピア』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典との対話
著作者等 串田 孫一
書名ヨミ コテン トノ タイワ
書名別名 Koten tono taiwa
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ク22-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.7
ページ数 218p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09469-8
NCID BB09683967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想