私の植物散歩

木村陽二郎 著

日本の四季を美しく彩る樹木や草花。博覧強記の植物学者がそれらをとりあげ、自由に書き綴ったのが本書である。万葉集に収められた椿市の歌垣や、日本の国名をアシになぞらえた古事記の故事、向島の桜餅がとりわけ香り高かった秘密、「夏の七草」と終戦まぢかの空腹の想い出など、多彩なエピソードを織り交ぜつつ、植物学の知見が易しく説かれる。名植物画家による美麗な植物画を多数収録。春・夏・秋・冬ごとに分けられた章立てに誘われ、どこかに散歩に行くように楽しく読めるエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(春の七草
  • 私の春の七草 ほか)
  • 夏(夏の七草
  • ゆりとあやめ ほか)
  • 秋(秋の七草
  • 新選秋の七草 ほか)
  • 冬(梅
  • 松とさかき ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の植物散歩
著作者等 木村 陽二郎
書名ヨミ ワタシ ノ ショクブツ サンポ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 キ21-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.7
ページ数 248p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09475-9
NCID BB09673974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想