新編霊魂観の系譜

桜井徳太郎 著

盆や彼岸のお供え、怠りなく営まれる年忌法要、非業の死を遂げた者への巫女による懇ろな供養-。日本人は死をどのように理解し納得してきたのか。霊魂観の歴史を丹念に読み解いた名著に、事故死した者の弔い方や葬送儀礼に関する論考を増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(古代郷土生活の民俗学-シャーマニズムよりの追究
  • のろい人形-古代人の霊魂信仰
  • 怨霊から御霊へ-中世的死霊観の展開
  • 怨霊観と二つの型)
  • 2(折口信夫の巫女観
  • 柳田国男の祖霊観)
  • 補論(日本人の祖先観
  • 日本人の伝統的祖霊観
  • 日本人の霊魂観と死者儀礼
  • 怨霊信仰の民俗的機能)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編霊魂観の系譜
著作者等 桜井 徳太郎
書名ヨミ シンペン レイコンカン ノ ケイフ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 サ29-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.7
版表示 新編
ページ数 287p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09468-1
NCID BB09683923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想