椿説泰西浪曼派文学談義

由良君美 著

文学史に埋もれた伊達男兼殺人文筆家に光を当て、アヘンが文学に与えた影響をあざやかにひもとく。ターナー晩年の絵画のすばらしさを再評価し、詩人哲学者・コールリッジとユートピアを夢見る。ワーズワースとゴヤの奇妙な同時代的交差を論じ、イギリスの恐怖伝奇小説の系譜をたどる。そして、ロマン派の音楽家たちをお祭り男と賞賛する。澁澤龍彦、種村季弘と並び称される「脱領域」の知性が遺した最初の著作、待望の再刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 類比の森の殺人
  • 夢のフーガ
  • 衆魔と夢魔
  • 四元素詩学-絵具の言葉
  • 自然状態の神話
  • サスケハナ計画
  • ランターズ談義
  • ベーメとブレイク
  • 啓示とユートピア
  • ゴヤとワーズワス
  • 幻想の地下水脈
  • ヘルマフロディストの詩学
  • ミミズク舌代
  • 悪夢の画家-ヨーハン・ハインリッヒ・フュースリ
  • イギリス絵画漫歩
  • 伝奇と狂気
  • ゴシック風土
  • ヴィクトリア時代の夜
  • ロマン派音楽談義-ミメーシスを遠くはなれて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 椿説泰西浪曼派文学談義
著作者等 由良 君美
書名ヨミ チンセツ タイセイ ロマンハ ブンガク ダンギ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 767
出版元 平凡社
刊行年月 2012.7
ページ数 399p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76767-4
NCID BB09702278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想