共産主義者宣言

カール・マルクス 著 ; 金塚貞文 訳 ; 柄谷行人 付論

今日に至るまで、あらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である-。マルクス主義思想の最良の入門書として、世界中で広く読まれてきた本書を、いったんは他の選択肢すべてを殲滅したかに見えた資本主義の危機のなかで、もっともわかりやすい訳で、「党」の制約などとっぱらって、読みなおす。いま、もっともスリリングな思考の現場へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブルジョアとプロレタリア
  • 第2章 プロレタリアと共産主義者
  • 第3章 社会主義的および共産主義的文献
  • 第4章 種々の反対党に対する共産主義者の立場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共産主義者宣言
著作者等 Marx, Karl
柄谷 行人
金塚 貞文
マルクス カール
書名ヨミ キョウサン シュギシャ センゲン
書名別名 Das Kommunistische Manifest
シリーズ名 平凡社ライブラリー 766
出版元 平凡社
刊行年月 2012.7
ページ数 143p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76766-7
NCID BB09706891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想