学校を改革する : 学びの共同体の構想と実践

佐藤学 著

一人残らず子どもの学ぶ権利を保障し、一人残らず教師が専門家として成長する学校は、どのようにして実現するのか。日本はもとより海外でも近年、爆発的に普及している「学びの共同体」の学校改革とは。その哲学、授業の進め方、教師間の連携、保護者との関係づくりまでを開陳する、待望の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 改革の始まりと高まり
  • 1 二一世紀の社会と学校
  • 2 学びの共同体のヴィジョンと哲学
  • 3 学びの共同体の活動システム
  • 4 協同的学びによる授業改革
  • 5 教師間の同僚性の構築
  • 6 保護者との連帯、教育委員会との連携
  • 7 国内外のネットワーク
  • 8 地域にパイロット・スクールをつくろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校を改革する : 学びの共同体の構想と実践
著作者等 佐藤 学
書名ヨミ ガッコウ オ カイカク スル : マナビ ノ キョウドウタイ ノ コウソウ ト ジッセン
シリーズ名 岩波ブックレット No.842
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270842-3
NCID BB09576694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想