神の義 : 「ローマ人への手紙」より

氏家富緒 著

パウロの神学思想の集大成といわれ、また遺言書ともいわれる「ロマ書」。その全文を研究してキリスト信仰の深奥に触れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(日本における「カミ」の概念
  • 聖書の中の神の概念
  • 「霊」について ほか)
  • 本論(「ローマ人への手紙」全文の解釈
  • 「ローマ人への手紙」の要点)
  • 結論(義人はいない
  • 神の義
  • 信仰による義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の義 : 「ローマ人への手紙」より
著作者等 氏家 富緒
書名ヨミ カミ ノ ギ : ローマビト エノ テガミ ヨリ
書名別名 Kami no gi
シリーズ名 ローマ人への手紙
出版元 ルネッサンス・アイ
白順社
刊行年月 2012.6
ページ数 201p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8344-0121-9
全国書誌番号
22137933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想