国際化の中の企業課税の動向 : 租税法研究  第40号

租税法学会【編】

[目次]

  • 記念講演(租税法学会の創立(昭和47年)
  • 公法学説と最高裁
  • ドイツにおける財政裁判所の手続-"事実に関する合意"を中心に
  • 2011年における米国税制改革に関する議論の現状報告)
  • 論説(国際化の中の企業課税-序論的検討
  • 国際化の中の確定決算主義
  • 外国子会社配当益金不算入制度の意義と効果-資金還流税制といえるか
  • 国際的組織再編税制の展開)
  • シンポジウム 国際化の中の企業課税の動向
  • 学界展望 租税法学界の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化の中の企業課税の動向 : 租税法研究
著作者等 租税法学会
書名ヨミ コクサイカノナカノキギョウカゼイノドウコウ : ソゼイホウケンキュウ : 40
巻冊次 第40号
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.6.30
ページ数 194p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-13124-8
ISSN 09104313
NCID BB09706621
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想