福田恆存 : 人間は弱い

川久保剛 著

福田恆存(一九一二〜九四)、昭和期の評論家・劇作家・演出家。戦後日本を代表する保守派の論客として、新劇の劇作家・演出家として、翻訳家として、多岐にわたり活躍した福田恆存。彼が展開した演戯論・平和論・恋愛論・国語論はいかにして形成されたのか。その生涯と思想を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生い立ち-福田の原風景
  • 第2章 坊っちゃん-戦前・戦中の福田
  • 第3章 文壇へ-敗戦後の福田
  • 第4章 劇壇へ-戦後の福田(一)
  • 第5章 論壇へ-戦後の福田(二)
  • 終章 大いなる自然とともに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福田恆存 : 人間は弱い
著作者等 川久保 剛
書名ヨミ フクダ ツネアリ : ニンゲン ワ ヨワイ
書名別名 Fukuda tsuneari
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.7
ページ数 269,15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06388-8
NCID BB09625712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22138165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想