ビッグデータの衝撃

城田真琴 著

クラウド、ソーシャルに次ぐ第3の、そして最大の潮流-すべてがデータ化される世界で、いま何が起きているのか?ベストセラー『クラウドの衝撃』の筆者が示す勝ち組企業の新常識。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ビッグデータとは何か
  • 第2章 ビッグデータを支える技術
  • 第3章 ビッグデータを武器にする企業 欧米企業編
  • 第4章 ビッグデータを武器にする企業 国内企業編
  • 第5章 ビッグデータの活用パターン
  • 第6章 ビッグデータ時代のプライバシー
  • 第7章 オープンデータ時代の幕開けとデータマーケットプレイスの勃興
  • 第8章 ビッグデータ時代への備え

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビッグデータの衝撃
著作者等 城田 真琴
書名ヨミ ビッグ データ ノ ショウゲキ : キョダイ ナ データ ガ センリャク オ キメル
書名別名 Impact of BIG DATA

Impact of BIG DATA : 巨大なデータが戦略を決める
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.7
ページ数 303,7p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-492-58096-7
NCID BB0960134X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想